鶏肉のてりってり焼き

"今日は、久々のお休み朝からお掃除や洗濯、それにたまってた雑誌や本などを読んで、夜になる頃にはお腹がぺこぺこ~明日も休みだけどここはお肉を食べてお腹いっぱいになろう!なんて思って冷蔵庫をのぞいたら鶏もも肉が有ったので鶏肉を使っててりってりの照り焼きチキンを作ろうとおもいます。
 まず鶏もも肉を均等の厚さになるように包丁を入れて、そのあとボウルに水を入れて10分をほど鳥むね肉をつけます。こうするととてもジューシーになるのでおすすめです!この方法は唐揚げを作るときもいいですよ。
待っている間に液を作ります。濃口醤油大さじ1、麺つゆ大さ2、みりん大さじ1、調理酒大さじ1、蜂蜜大さじ1、砂糖(できれば三温糖)を小さじ1そこに大さじ2~3程度水を加えて液の完成です!なめてみて少しとろっとしているくらいがちょうどいいかなと思います。
 水につけておいた鳥もも肉は表面についた水分をキッチンペーパーなどで拭き取り、かるく油を引いておいたフライパンに皮の方から焼き両面に焦げ目がつくまで強火で焼きます、焼けたかなと思ったら中火から弱火の間くらいにし、先ほど作っておいた液をそっと流し込み蓋をして10分ほど焼きますその間に、様子を見ながらご飯やお味噌汁、サニーレタスが有ったので照り焼きをのせるお皿にかざります。
 時折ふたを開けてひっくり返したり、液を鳥むね肉にかけたりしていると次第に綺麗な飴色になっていくので、十分に火が通ったら完成です。
 あまじょっぱい鶏肉でごはんが何倍も進みます。是非お試しください。"

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001