食品の産地はとても気にしています

"食品の産地は、東日本大震災の後からとても気にするようになりました。
私は今神奈川県西部に住んでいるのですが、福島第一原発の事故が起きてからは、相模川を越えて作られた食べ物は極力食べないようにしてきました。一時期、いきつけのスーパーに福島・茨城・栃木・群馬産の野菜ばかり並んだ時があり、そうではない野菜を探しに少し遠くまで買いに出かけたものです。また九州産の野菜を通販で購入もしました。
最近はさすがに上記地域の産物ばかりという事はなくなりましたが、それでもなるべく地元産の野菜を購入するように、お店を決めて買い物するようにしています。また4ヶ月前まで、長期出張で鳥取県へ行っていまして、そこで出会った直売所などの野菜を通販で購入するようにもしています。
放射能の問題は未だに解決しておらず、それなのに「食べて応援」という風潮は消えません。自分で判断してきちんとした食べ物を選ばなければ困るのは自分自身です。これからも気をつけていきます。"

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001